島のSARAI(たこ焼き出店)

北木島にて、「クニサン」の愛称で親しまれている一風変わったおじさんが暮らしています。

クニサンは元々都会で暮らされていた移住者です。数年前から都会での生活を離れ、世界を旅した後に笠岡は北木島に移り住みました。できるだけ自給自足で生活しようと、日々奮闘される姿はまるで仙人のよう。そんなクニサンが自宅を「島のSARAI」と名付け、自らのライフスタイルの発信や価値観の近い仲間の集まる場所として活用しています。
(桃源イベントのせる)
理想的ではあるけども、一歩踏み出す勇気がいる、そんな元都会人が送るアイランドライフに興味を持つ若者が近年増えています。クニサンはそんな若者の心のオアシスとなっており、それがきっかけで北木島に移住した人も出てきております。

前置きが長くなりましたが、そんなクニサンが出店するのはタコ焼き。度重なるイベントへの出店を経て進化しつつあるタコ焼きは、多めの油でしっかりと揚げ焼きされた大粒のそれは、いわゆる「銀だこ」風。潮風に当たりながらハフハフ頬張り、口に残った余韻をビールで一気に流す!

く~~!これをやってみたかったわけでして、幸いにもクニサンがめっちゃうまいタコ焼きを出してくれることになりました。

感謝!!タコ焼き以外にも、是非クニサンの独特なアイランドトークも味わって見て下さい(^^ )きっと価値観に嬉しい化学変化が起こりますよ(^^ )

六島ビアフェス2017~六島麦の始まり~

岡山県最南端の離島「六島ーむしまー」で行われるビアフェスのページ。数十年前に途絶えた麦畑の景色を復活させるとともに始まった地ビールプロジェクトの第一章がビアフェスと共に完結を迎えます。六島に新たな産業が誕生するきっかけとなるようにこのイベントを立ち上げました。

0コメント

  • 1000 / 1000