ついに熟成完了!六島麦のはじまり

☆ついに熟成を終えました☆
いやー長かった。とても張り詰めた一年。
六島で作った麦を醸したビールがようやく熟成、本格的な樽詰めを終えました。最終糖度を測り、試飲したのですが、狙い通り最高の出来栄えです。
遠い昔から農作業のあとに飲まれていたセゾンというビール。六島のジャングルにぽつんとあるミカンの木をイメージして作りました。汗をかいた後に体にしみわたる調和のとれた酸味と、決して華やかではない森林を感じさせる濃厚なホップの香りが特徴です。
醸造するにあたりご指導下さった吉備土手下麦酒の永原社長、西村さん、小豆島まめまめびーるの中田さんに感謝です!
このビールがお披露目されるのは11/4.5、天気も今のところ晴れ予報で、最高のビール日和にお披露目できそうです!
船の往復渡航費が無料になるので、この機会に是非この一杯を飲みに来て下さいm(_ _)m
お世話になった発酵タンク
吉備土手下麦酒の醸造家である西村さん。
タンクから樽に移し替えてます。

六島ビアフェス2017~六島麦の始まり~

岡山県最南端の離島「六島ーむしまー」で行われるビアフェスのページ。数十年前に途絶えた麦畑の景色を復活させるとともに始まった地ビールプロジェクトの第一章がビアフェスと共に完結を迎えます。六島に新たな産業が誕生するきっかけとなるようにこのイベントを立ち上げました。

0コメント

  • 1000 / 1000